在校生からのメッセージ

妹と情報共有をしながら、勉強を頑張っています!

歯科衛生士をめざしていた私と、作業療法士をめざしていた双子の妹。相談したわけでもないのに、選んだ進学先は偶然にも医療大でした。多職種連携の授業で疑問に思ったことを聞いたり、興味のあった解剖学の教科書を借りて読んだりと、妹とはいろいろ情報共有をして、自分の勉強に役立てています。勉強はもちろんですが、妹と楽しく通学できるのも、医療大を選んで良かったことの一つです。

大学生との交流や施設が魅力!
将来の仲間とも出会えました!

大学歯学部附属校なので、他の医療職をめざす大学生との交流ができること、大学の施設で実習できる点に魅力を感じ、医療大を選びました。授業はもちろんですが、クラブ・サークルでの交流も良い経験!所属するダンスサークルはみんな仲が良く、お互いが勉強していることなど、たくさん話します。学生のうちから、将来医療に携わる友だちと出会えて本当に良かったと思います。

歯科助手のアルバイト経験が臨床実習に生かされました

オープンキャンパスでの体験実習の楽しさや、先生、先輩の優しさに惹かれて医療大へ。入学後すぐ2学年上の先輩の紹介で歯科医院でのアルバイトを始めました。スタッフの皆さんはとてもやさしく、いろいろな仕事を見せてくれますし、患者さんとの会話はコミュニケーションの勉強にもなります。おかげで臨床実習では、仕事の流れや使う器具などがよくわかり、アルバイト経験が役立った!と実感しました。

驚きと興味でいっぱいだった交流。

留学生の話は驚きがいっぱい。スウェーデンでは学生が診療をできるほか、虫歯から歯を守るフッ素という成分を歯に残すために歯磨き後はうがいを控えるなど、日本との違いをいろいろ聞くことができました。歯を削るスケーリングの方法にも違いがあるそうで、いろいろな国の方法を知ってみたい!と興味でいっぱいに。留学生と過ごした時間は、私に驚きと興味をくれました。

充実のキャンパスライフ!学びは歯科アルバイトでも。

大学生と一緒の授業や学食など、大学附属校ならではのキャンパスライフを楽しんでいます。勉強も実技も、先生が優しく丁寧に、しっかりわかるまで教えてくれるのも医療大の魅力。学外では歯科医院で歯科助手のアルバイト中。先輩の技術や患者さんへの声かけなどを見ながら、私も常に笑顔を心掛けるなど、コミュニケーション能力を磨く努力をしています。