本学の特色

大学生と一緒に学ぶ事ができる有意義な3年間。

北海道医療大学歯学部附属歯科衛生士専門学校は、北海道で唯一の歯科系大学附属校です。
歯学部、薬学部、看護福祉学部、心理科学部、リハビリテーション科学部の、
大学生約3,000人が一緒に学ぶキャンパスでは、授業や実習をはじめ、クラブ・サークル活動や大学祭まで、共に繋がり合える賑やかな環境と実践的なカリキュラムが、本校の魅力です。

全国で8校しかない、歯科系大学附属校です。

歯科医師をめざす大学生も利用する施設・設備など、恵まれた環境で学べるのが本校の学生ならではの特権です。また、面倒見がよく人間味あふれる先生ばかり。大学でも教えている教授や、経験豊富な専任教員が揃っています。

附属医療機関、福祉施設、保育所など、実習が多彩です。

学外の歯科医院へ行く前に、2つの附属医療機関でじっくりと現場を経験。計画的な実習が本校の魅力です。ほかにも高齢者や障がい者のための福祉施設、保育所や小学校など、学生のうちから歯科衛生士の多彩な現場を体験します。

歯学部生と学びます。大学祭や、クラブ活動も一緒。

大規模な大学祭も、元気に活動する50以上のクラブ・サークルも、大学と合同。医療人をめざす仲間同士で、学生生活をエンジョイできます。とくに将来のパートナー・歯学部生とは、授業や実習で一緒になる機会もあります。

歯科衛生士国家試験は合格率99.6%!

本校卒業生は開校以来、2021年3月卒業の35期生まで、99.6%と高い国家資格取得率を堅持しています。また、本校は文部科学省の定める一定の基準を満たした専門学校なので、卒業すると「専門士」の称号が与えられます。

35期連続で就職率100%!

本校では開校以来、就職希望者全員が就職を果たしています。求人数は札幌市内・道内の歯科医院や総合病院を中心に、就職希望者の30.5倍。本学歯学部の卒業生が開業する歯科医院をはじめ、独自のネットワークもあります。

北海道医療大学への編入学も可能です。

卒業と同時に、北海道医療大学への編入学試験の受験資格を取得。薬学部・歯学部では2年次、臨床福祉学科では3年次の編入学をめざすことができます。