学習内容

教育理念

教育理念

本学及び歯学部の教育理念を遵守し、
地域社会における歯科医療と歯科保健活動ならびに口腔衛生の向上に努め、
人々の幸福に貢献することを教育の理念とする。

教育目標

  1. 歯科衛生士に必要な知識・技能および
    科学的な思考力を修得し、
    これらを統合した実践力を養う。
  2. 高い使命感と倫理観を持った
    人間性豊かな医療人を育成する。
  3. チーム医療に貢献できるコミュニケーション能力や
    実践力を養成する。
  4. 口腔保健の専門家として自らを発展させる
    向上心や研究心を養う。

校長メッセージ

校長 坂倉 康則
校長 坂倉 康則
1979年3月信州大学理学部 卒業
1979年4月岩手医科大学歯学部 助手
1987年6月医学博士(旭川医科大学)
1994年4月北海道医療大学歯学部 助教授
2007年4月北海道医療大学歯学部 准教授
2008年11月北海道医療大学歯学部 教授
2014年4月北海道医療大学歯学部附属歯科衛生士専門学校 副校長
2015年4月北海道医療大学歯学部附属歯科衛生士専門学校 校長

本校は、「新医療人育成のための北の拠点」を目指す5学部8学科からなる北海道医療大学の歯学部に附属する歯科衛生士専門学校です。その講義や実習の多くを本学歯学部教員が歯学部学生と同じ質の高い教育を提供しています。本学には、あいの里キャンパスの大学病院、当別キャンパスの歯科クリニックなど充実した医療施設を備え、これらの施設を中心に900時間に及ぶ臨床実習が行われます。
 歯科衛生士は歯科医療のみでなく、口腔ケアを通して呼吸器疾患や全身疾患の予防を担う専門職で、超高齢社会を迎えた地域社会の予防保健を担うことがますます期待されています。本校の教育理念に基づき、地域社会における歯科医療と歯科保健活動に貢献できる歯科衛生士の養成を目指しています。地域包括ケアのコア的存在としての人材を育成するため、本学の特色の一つである多職種連携授業を展開し、コミュニケーション能力や医療人としての倫理観や使命感の育成にも力を入れています。福祉分野やリハビリテーション分野などへのキャリア・アップを目指す学生には、本学他学部学科への編入学制度も充実しています。また、本学歯学部では、台北医学大学(台湾)やイエテボリ大学(スウェーデン)などとの提携協定に基づき大学院や学部の学生の交流を進めており、本校も海外大学の学生との交流を検討し、学生間交流を通してグローバル感覚を培うことにも力を入れていく予定です。

沿 革

1984年(昭和59年)5月 歯学部附属歯科衛生士専門学校開設(2年制、定員50名)
2010年(平成22年)4月 3年制課程に移行(定員50名)
2013年(平成25年)3月 3年制になって最初の卒業生(27期)を輩出

※これまでの卒業生は1449名、歯科衛生士免許取得者は1448名(取得率99.9%)です。 ※2016年3月31日現在

ページの先頭へ戻る