キャンパスライフ

在校生からのメッセージ

大学生とのグループワークで、やる気がさらに出てきました。 島越 菜緒さん(羅臼高校出身)

私の母は、歯科衛生士。母が勤務していた歯科医院の先生が、医療大をすすめてくれました。医療大でよかったと思ったのは、「個体差健康科学・多職種連携入門」を受講したとき。大学生と一緒のグループワークが楽しかったですし、歯科衛生士は歯科医師の補助だけではなく、保健分野で中心的な役割を担うチーム医療の一員だと知り、モチベーションが高まりました。今は、保健所で働く歯科衛生士にも興味があります。

島越 菜緒さん(羅臼高校出身)
オープンキャンパスに参加して、医療大なら安心だと思いました。 田口 萌菜さん(札幌新川高校出身)

高校時代は、栄養士や保育士など、ほかの職種と迷っていました。そんな中、6月に本校のオープンキャンパスに参加。明るくやさしい先輩方に会えたおかげで、医療大で歯科衛生士をめざすと決めることができました。講義は、歯科クリニックや大学病院で診療を行う歯学部の先生が担当。実際の症例など、臨床現場の話もしてくれます。わからないことがあっても、キャンパス内の教授室に行けば親切に教えてくれますよ!

田口 萌菜さん(札幌新川高校出身)
附属医療機関での実習を通して、実践力も自信もつきました。 河野 朱里さん(札幌厚別高校出身)

歯科系大学の附属校のメリットのひとつは、附属医療機関があること。学外の歯科医院での実習が本格的にはじまる前に、実際の現場でトレーニングを積めるので、弱点をひとつずつ克服でき、自信もついていきます。また、実習現場が多彩なのも特色。中でも保育所や小学校での実習では、子どもたちと交流ができ、とても楽しかったです。卒業後は歯科衛生士が足りない地域に就職し、地域医療に貢献したいと思っています。

河野 朱里さん(札幌厚別高校出身)
姉の母校でもある医療大で、医療を幅広く学んでいます。 玉村 明希さん(倶知安高校出身)

私が医療大を選んだのは、姉が通っていたから。姉は、歯科衛生士の仕事の魅力や、楽しいキャンパスライフのことを教えてくれました。医療大で学ぶのは、歯のことだけではありません。歯学部の人体解剖実習も見学しました。身体の構造の深い知識が身についたことに加え、医療人としての倫理観についても学びました。3年次からは、学外実習が本格化。多彩な現場で経験を積み、自分に合った卒業後の進路を見つけたいです。

玉村 明希さん(倶知安高校出身)
ページの先頭へ戻る